レーシック手術までの流れ

クリニックでの一般的な手術までの流れは以下の通りです。
クリニックによって多少異なります。

予約
問診
適応検査
カウンセリング
手術日予約
手術
術後検診



手術の流れ

1.麻酔をする
眼の周りをきちんと消毒し、眼内を洗浄・消毒します。 その後、局部麻酔薬を点眼します。

2.フラップを作る
角膜の表層にフラップを作ります。フラップとは、角膜のフタのようなもので、このフタの内側の角膜にレーザーを当てて、角膜の形を修正していきます。

3.レーザーをあてる
レーザーで角膜の形を修正します。最新のレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついており、手術中に目が動いたとしてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されます。

4.フラップを戻す
レーザーを当てる時間はだいたい数十秒です。 角膜の修正が終わったら、フラップを元の位置に戻します。

5.洗浄
最後に目を洗浄します。 ここまでの所要時間は15〜20分。角膜は自然な作用(角膜内皮作用)で自然に接着していきます。
記事一覧
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。