レーシックのリスク

どんな手術においても言えることですが、レーシック手術もわずかながらリスクがあります。レーシックで1番気になるのが”失明”の危険性ですが、今のところ、世界中において失明したという報告はされていないようです。

失明については、ネット等で間違った情報が飛び存っていますので、ぜひ信頼できる医師に直接相談されたほうが良いでしょう。

レーシック手術後における主な合併症

ぼやける
手術直後は全体的にぼやけてやや見にくい状態になります。手術直後に少し近くが見えにくくなることがありますが、徐々に改善します。また、年齢が高く、近視、乱視の強い場合には、視力が安定するまでに1〜2ヶ月を要することがあります。


ハロー・グレア現象
明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見えたり(ハロー現象)、明るい光がまぶしく見えたり(グレア現象)する症状。 通常は約3ヵ月で治ると言われていますが、強度近視の場合はこの症状が残る可能性があります。


ドライアイ
術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。角膜の感度が鈍りまた瞬きが減少するため、目薬や涙点プラグを挿入することで症状を緩和することができます。


結膜下出血(白目の出血)
フラップをつくるときにマイクロケラトームという器機を眼に強く固定します。このとき結膜(白目の部分)の血管が傷ついて出血し、赤くなってしまうことがあります。出血は1〜2週間で自然に消失します。


見にくさ・にじみ
レーザーの照射径をやや小さくすると(近視・乱視が強かったり角膜の厚みが少ない方)まれに、光が少々にじんで見えたり、まぶしかったり、また、明るい場所に比べて暗い場所(または夜間)では、視力の・下を感じることがあります。 通常、これらの病状は、手術後半年の時点でほとんどの方が改善または消失します。

記事一覧
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。