レーシック眼科比較

日本のレーシック医院は、2000年に厚生労働省から認可されてから、全国的に続々と開院しています。

医院を選ぶ際に重要なことは、眼科専門医であることはもちろん、しっかりとした実績とアフターフォロー、最新設備が整っているところを選ぶと良いでしょう。

クリニック選びのポイント!
・眼科専門医であること
・医師の施術経験が豊富
・事前の検査および手術後のアフターケアが万全
・実績ある最新の医療機器を使用している


おすすめレーシック医院紹介

参考までに、上記の条件をすべて満たしたおすすめのレーシック医院を紹介します。

品川近視クリニック
管理人がもっともおすすめするクリニックです。

脅威の低価格と世界レベルの実績により、2005年、レーシック先進国アメリカで、”レーシック世界一”の認定を受けています。
最近のレーシックブームに最も影響を与えたクリニックと言えるでしょう。

執刀医はすべて日本眼科学会の眼科専門医で、次世代レーシックと呼ばれるスーパーイントラレーシックという技術を使い、月間3000症例(世界トップクラス)の実績があります。

術後の平均視力は1.65で、98%の方が1.5以上の裸眼視力を得ています。
徹底したアフターケアで患者の満足度も90%以上のレーシック医院です。
手術方法
費用(両目)
遠方補助
場所
スーパーイントラレーシック
17万8千円
あり
東京都中央区銀座
大阪府大阪市北区
スーパーレーシック
10万8千円



spacer.gif
松原クリニック
松原クリニックの特徴はなんといってもすべての手術を院長みずから執刀するということです。松原院長は、レーザー手術歴12年!いままでの手術数は8,000症例を誇ります。そのすべての患者様へ最適な提案、手術執刀、術後の検診を、全て松原院長が自ら行います。

また、以前は片眼21万円(両眼42万円)で手術を行っていましたが、2007年6月に費用を大幅に改定し、なんと両眼18万円まで価格を下げています。実に24万円のプライスダウンです。上記の品川近視クリニックよりも低価格に設定されているので手術が受けやすくなっています。

手術方法
費用(両眼)
遠方補助
場所
レーシック
18万円
なし
東京都豊島区南池袋
PRK
18万円
記事一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。